スポンサードリンク

2017年04月29日

老眼とはどんな状態?

老眼とは、ピントが合わず近くのものが
見えにくくなるという症状をいいます。
遠くを見る能力にはそう変化は現れません。
近くを見るためにレンズの役目をする水晶体を
厚くして見るわけですが、この水晶体を
スムーズに厚くするという能力が衰えてしまう
のが老眼とよばれるものです。

老眼という名前のとおり、老眼になるのは
一般的に40才を過ぎた頃から症状が現れはじめ、
60才になる頃まで徐々に進行します。

老眼になってしまうと、裸眼では近くを見る
ことにとても力を使うようになりますので、
眼精疲労の原因になってしまいます。

最近は老眼を治してしまう「強膜伸展手術」
や「人工レンズ挿入術」という手術も
注目されはじめています。
posted by リョウ at 22:17| 老眼とはどんな状態?